キャバクラで働くなら ドレスの着用がマスト

女の人

マナーと華やかさ

水色のドレス

結婚式は参加する全員が幸せになれる、華やかでめでたい席でもあります。そのような場に招待された場合は、華やかさを意識したふさわしい服装で参加するように心がけましょう。女性ならドレスを着用して、いつもよりフォーマルな服装で参加すると喜ばれます。どのようなコーディネートをしようか迷った時は、着こなしのマナーをおさえた上で服を選んでいきましょう。常識とも言えますが、白い色を選ぶことは何があっても避けましょう。結婚式では白という色は、花嫁の色であり主役のみが着る色となっています。招待客はこれを邪魔するようなことがあってはいけません。白に近い色もできれば避けるべきですが、ショールやジャケットなど、他の色と組み合わせてバランスを整えれば着用してもかまいません。白とは別で、黒いドレスを着る時も注意が必要です。ブラックドレスは応用の幅が広く、着る人を選ばないので結婚式でも着用している人を見かけますが、着こなしを間違ってしまうと華やかさが失われてしまいます。喪服とは違うので、生地の素材選びからこだわって選んでおきましょう。光沢のある素材なら黒い色でも華やかに見えますし、ビジューやレース、装飾品がほどこされていれば結婚式にもふさわしいドレスとなります。手持ちの衣装が地味だと感じた場合は、新たに購入する前に小物でアレンジできないか試してみましょう。ショールやコサージュがあれば合わせてみましょう。また、大ぶりなネックレスやイヤリングを合わせれば顔周りが華やかになり、祝い事にふさわしい服装へと変化させることができます。